20代の肌と30代の肌は全くの別物です。
そのため20代の肌の延長線上として、同じスキンケア用品を使用しているとしたら、30代の肌には合っていない可能性があります。
30代になったといっても、まだ若いという気持ちがあり、アンチエイジング用のスキンケア用品などを使用するには、まだまだ抵抗がある年齢ですよね。

美容PR:肌ナチュール 口コミ

しかし30代と言えば、肌はコラーゲンと女性ホルモンの分泌量が一気に減少してしまい、初期老化と呼ばれる症状が現れます。
毛穴が広がってしまったり、肌が乾燥したり、シワやシミが目立つようになったり、頬がたるみほうれい線が目立つようになる人もいるでしょう。
どれも直視したくない肌のトラブルですが、放置すれば症状は悪化するだけです。

早い段階で対処すれば、症状は改善出来るので自分の中に起こってしまった初期老化を認めて早い段階で対処をするべきだと言えます。
では30代ではどのような化粧水とクリームを使用すればいいのでしょうか?

スキンケア用品を製造しているメーカーは、それぞれのシリーズに対してターゲット層をある程度決めているはずです。
例えば大手の化粧品メーカーなら、TVCMを流していますよね。
そして女優がTVCMに出ているはずです。

30代なら綾瀬はるかや深田恭子が化粧品のTVCMに出演しています。
女優の年齢がターゲット層に該当すると言えるでしょう。

また30代のスキンケア用品は、化粧水もクリームも保湿に重点をおいている商品を選びましょう。
コラーゲンが減少するという事は、肌が乾燥する事を意味しています。
肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下し、肌トラブルが色々と生じる原因となってしまいます。
それらをすべて予防してくれるのが、保湿で米肌がおすすめなのです。

最初に手をつけるべきは、肌の保湿で、その後に美白などのケアがついてくると考えましょう。
また30代になったらスキンケア用品だけに頼っていてはダメです。
生活習慣も早い段階で、肌にいい生活習慣に改善する事が、若々しい肌を保つ秘訣だと言えます。